アフターピルの副作用はいつまで続く?症状が出る確率や服用後の流れも紹介!

アフターピル 副作用

アフターピルには、吐き気・頭痛・眠気などの副作用があります。

アフターピルが必要だけど、副作用が怖いな…。

正しい知識と対処法を知っていれば、アフターピルの副作用は決して怖いものではありませんよ。

本記事ではアフターピルを飲む前に知っておきたい、副作用の症状や対処法を解説します。

※この記事はPRを含みますが、日本産婦人科学会の資料『緊急避妊法の適正使用に関する指針』、消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、beauty best編集部が作成しています。

目次

アフターピルの副作用と症状が出る確率

アフターピルには、悪心(気持ち悪さ)・頭痛・腹痛などの副作用があり、それぞれ症状の出る確率が異なります。

アフターピルの副作用と症状が出る確率
発現頻度症状
高め悪心/23%
腹痛/18%
頭痛/17%
嘔吐/6%
中程度傾眠・出血・倦怠感/5%以上
低めめまい・不安・月経過多・下痢・貧血・口渇・疲労・むくみ/0.1~5%未満
不明生理が遅れる・胸の痛み

まずは、それぞれの症状や注意点について確認しましょう。

参考:緊急避妊法の適正使用に関する指針

アフターピル副作用1:気持ち悪さや吐き気

症状悪心(気持ち悪さや吐き気)
発現率23%
期間アフターピル服用後、3~24時間ほど

アフターピルの副作用の中でも、悪心(気持ち悪さや吐き気)は発現しやすい症状の1つです。

悪心は、100人に23人程度の割合で症状が現れます。

気持ち悪さや吐き気を感じるのは、アフターピル服用後から24時間以内のタイミングがほとんど。

1日過ぎれば、悪心は引いていきます。

なお、アフターピルを服用してから2〜3時間で吐いてしまうと薬の効果が得られません。

アフターピルを吐いてしまった場合の対処法

アフターピル副作用2:腹部の痛みや下痢

症状下腹部の痛み(腹痛)
発現率18%
期間アフターピル服用後、3~24時間ほど

アフターピルを飲むと、生理のときに感じるような下腹部の痛みや下痢を生じることがあります。

下痢をしたら、アフターピルの効果はなくなるの?

下痢をしても薬の効果はなくなりません。

下痢を含む副作用の症状が出るのは、アフターピルの成分が体に吸収されている証です。

なお、アフターピルの成分が体に吸収されて、効果や副作用が現れるまでには、2〜3時間ほどかかります。

アフターピル副作用3:頭痛

症状頭痛
発現率17%
期間アフターピル服用後、3~24時間ほど

アフターピルを飲んでホルモンバランスが一時的に変化すると、頭痛を感じることがあります。

頭痛はストレスや疲れが原因で起こることもあるため、アフターピル服用後はゆっくりと休息することが大切です。

頭痛の対処法

アフターピル副作用4:眠気

症状眠気
発現率6%
期間アフターピル服用後、3~24時間ほど

アフターピル服用後には、100人に6人ほどの割合で眠気を感じることがあります。

眠気の感じ方は人それぞれで、日常生活に支障をきたすほど強い眠気を生じる場合も。

多くの場合、眠気もアフターピル服用後から24時間ほどで落ち着きます。

眠気が強いときは、車や自転車の運転を控えてくださいね。

アフターピル副作用5:不正出血

症状不正出血
発現率頻度不明
期間アフターピル服用から3〜21日後

アフターピルを飲んでから3〜21日ほどすると、不正出血が見られることがあります。

不正出血とは、生理以外のタイミングで出血することです。

出血は、アフターピルの成分の影響で、ホルモンバランスが一時的に崩れると引き起こされます。

多くの場合、不正出血は3〜4日で落ち着きますよ。

副作用はいつからいつまで続く?アフターピルを飲んだ後の流れ

副作用はいつからいつまで続く?アフターピルを飲んだ後の流れ

アフターピル服用後の流れを知っておけば、ピル服用後も落ち着いて過ごせます。

数時間後~約1日(24時間)は副作用が出やすい

アフターピルを服用して2〜3時間が過ぎると、体にピルの成分が吸収され、効果や副作用が現れ始めます。

気持ち悪さや吐き気、頭痛などの副作用が続く時間は、数時間〜1日ほど。

ピルを飲んだ日は無理をせず、ゆっくり休むことを心がけましょう。

アフターピル服用後3~21日以内に生理がくる

アフターピル服用後、3〜21日ほど経つと生理が来ます。

ピルを飲んでからの生理は、通常よりも血の色が茶色っぽかったり期間が短かったりしますが、心配は不要です。

アフターピル服用のタイミングによっては、1か月に生理が2回来ることもありますよ。

なお、期間内に出血がなかった場合、避妊に失敗している可能性が高いです。

アフターピル服用から3週間後には妊娠検査薬を使う

アフターピルを服用してから3週間ほど経ったら、妊娠検査を行います。

妊娠検査薬はドラッグストア・薬局で買うか、オンライン診療でピルと一緒に処方してもらいましょう。

妊娠検査薬が買えるオンライン診療
エニピル
マイピル
ピルのみ10,978円10,978円
妊娠検査薬
のみ
550円
ピル+
妊娠検査薬
12,078円11,528円
公式サイト公式サイト
税込み/自由診療

なお、妊娠検査薬を使うタイミングが早すぎると、正しい検査結果が得られません。

心配な気持ちが大きくても、妊娠検査は3週間が過ぎてから行ってくださいね。

妊娠してしまったときの対応

妊娠検査薬で「陽性」反応があり、妊娠していることがわかったら、必ず産婦人科を受診しましょう。

中絶できる期間には限りがあり、クリニックを受診の時期が遅すぎると、中絶できなくなってしまいます。

なお、日本には妊娠してしまったときに相談できる窓口がたくさんあるので、産婦人科へ行く前に利用するのも1つの手です。

相談窓口を確認する

中絶をせずに、施設や里親に子供を託す選択肢もありますよ。

中絶手術は体への負担も非常に大きく、10~20万円とかかる費用も高額なため、慎重に検討しましょう。

アフターピルの副作用がひどいときは?対処法を紹介

アフターピルの副作用がひどいときは?対処法を紹介

アフターピルの副作用の症状は、ほとんど感じないこともあれば日常生活に支障をきたすこともあるなど、人によってレベルが異なります。

万が一、強い副作用が出てしまった場合に備えて、対処法を確認しておきましょう。

食後にアフターピルを服用する

食べ物をお腹に入れてからアフターピルを飲むと、副作用が緩和されやすくなります。

特に、気持ち悪さや吐き気は、空腹時に起こることが多いです。

食欲がない場合でも、軽く食事を摂ってからアフターピルを飲むことをおすすめします。

頭痛や吐き気は薬で対処する

頭痛や吐き気がひどい場合には、頭痛薬や吐き気止めなどを活用しましょう。

副作用がひどくなってから買い物に出るのは大変なので、不安な方は事前に用意しておくのがおすすめです。

副作用を緩和する薬が買える場所

副作用を緩和する薬は、オンライン診療・産婦人科・薬局で購入できます。

オンライン診療アフターピルと一緒に処方してもらう
産婦人科アフターピルと一緒に処方してもらう
薬局市販薬を購入する

薬局にはたくさんの頭痛薬・吐き気止めが売られているため、どれを服用すべきか迷いますよね。

どの頭痛薬・吐き気止めを選んだら良いのかわからない方は、オンライン診療や産婦人科で処方してもらうのがおすすめです。

診察の際に、「不安なので吐き気止めも欲しいです」「頭痛薬も処方してもらえますか?」と医師に相談してみましょう。

【市販薬】頭痛薬・吐き気止めの種類と値段
頭痛薬ロキソニンS 700~800円
イブA900~1,100円
バファリンルナ500~800円
吐き気止めトラベルミン600~800円
センパア700~900円
【オンライン診療】吐き気止め・頭痛薬の値段
オンライン診療吐き気止め頭痛薬
メデリピル10錠:1,000円
20錠:2,000円
30錠:3,000円
10錠:1,000円
20錠:2,000円
30錠:3,000円
エニピル7錠:1,000円
※税込み/自由診療

吐いてしまった場合の対処法

万が一、嘔吐してしまった場合には、アフターピルを1錠追加で服用しましょう。

アフターピルを飲んでから、2〜3時間以内に吐いてしまうと、避妊の効果が得られません。

アフターピルを服用してから2〜3時間を過ぎていれば、ピルの成分は体に吸収されているため、追加での服用は不要です。

オンライン診療でピルをまとめ買いしておけば、万が一の嘔吐にも備えられます。

アフターピルのまとめ買いに対応するオンライン診療
エニピル
ソクピル
単品10,978円8,800円
2個セット18,150円15,840円
3個セット27,500円22,000円
公式サイト公式サイト
税込み/自由診療

アフターピルの副作用が長く続く場合は医師に相談

吐き気や頭痛などの症状が1日以上おさまらない場合には、オンライン診療や産婦人科で医師に相談してください。

アフターピルの副作用は、ピル服用から1日ほどで落ち着くことがほとんど。

症状が長く続く場合、アフターピル以外が原因で頭痛・吐き気などが起こっている可能性があります。

アフターピルの種類・効果(避妊率)と正しい服用方法

アフターピルの種類・効果(避妊率)と正しい服用方法

日本では、72時間ピルと120時間ピル、服用までの制限時間が異なる2種類のアフターピルが処方されています。

72時間ピル
120時間ピル
名称ノルレボ
レボノルゲストレル
エラ
服用方法1回1錠1回1錠
避妊失敗から
72時間以内に飲む
避妊失敗から
120時間以内に飲む
妊娠阻止率95%98%
相場6,000〜15,000円10,000〜20,000円

副作用はどのアフターピルを飲んでも同じですが、ピル服用までの制限時間や価格帯はそれぞれ違います。

避妊に成功するためには、自分の置かれている状況にあったピル選びと、正しい方法での服用が欠かせません。

妊娠を防ぐためにも、ピルの種類と選び方・正しい服用方法を確認しておきましょう。

アフターピル(緊急避妊薬)の種類

アフターピルには、避妊失敗から72時間(3日)以内に服用すべきものと、120時間(5日)以内に服用するピルがあります。

アフターピルの制限時間

ノルレボ・レボノルゲストレルは価格相場が低めですが、服用までのタイムリミットが72時間と短めです。

エラワン(エラ)は、タイムリミットが120時間と長めな一方、価格はやや高め。

制限時間を過ぎてからの服用では、避妊効果を得られないため、タイムリミットを考慮してアフターピルを選びましょう。

ノルレボとレボノルゲストレルの違い

ノルレボとレボノルゲストレルは、同じ成分で作られているため、効果・副作用・服用までのタイムリミットは変わりません。

一方で、値段はレボノルゲストレルの方がお得です。

ピルの種類相場
ノルレボ8,000〜15,000円
レボノルゲストレル6,000〜10,000円

レボノルゲストレルの方が少し安いのは、ジェネリック医薬品(後発医薬品)に該当するため。

ジェネリック医薬品は開発費や研究費などのコストを抑え、削減したコストを価格に反映しています。

低用量ピルとアフターピルの違いとは

低用量ピルとアフターピルでは、服用の方法が異なります。

低用量ピル毎日、決まった時間に服用する
アフターピル避妊に失敗したときのみ服用する

どちらも、避妊を目的に服用しますよ。

低用量ピルを正しく服用していれば、99%以上の確率で妊娠を防げます。

日常的に避妊をしたい方には低用量ピル、避妊具の破損などで避妊に失敗してしまった場合にはアフターピルを飲むと良いでしょう。

なお、低用量ピルを毎日決まった時間に服用している方は、避妊具の破損などによるトラブルの際でも、アフターピルの服用が不要です。

アフターピルの効果(避妊率)

アフターピルは、タイムリミット内に服用することで、妊娠を防ぐ効果が期待できます。

妊娠を防げる確率は、アフターピルを服用するタイミングによって異なりますよ。

アフターピルの効果(避妊率)

服用するタイミングが早いほど、妊娠を防ぎやすくなるのがポイントです。

なお、エラワンは避妊失敗から120時間以内に飲むことで、約98%の確率で妊娠を防げます。

価格はやや高めですが、避妊失敗から3日以上が経過してしまった場合は、服用を検討しましょう。

参考:緊急避妊法の適正使用に関する指針

アフターピルの服用方法

アフターピルは、1錠を1回のみ制限時間までに服用します。

ピルを服用する際は、ジュースやお茶ではなく、水やぬるま湯を使いましょう。

2錠以上を飲んでも、避妊の成功率は変わりません。

必要以上にアフターピルを飲むと、副作用が強く出る恐れもあるので、1錠を1回のみ服用してくださいね。

緊急時にはオンライン診療がおすすめ

緊急時にはオンライン診療がおすすめ

避妊に失敗してしまったら、土日や深夜でもアフターピルの処方が受けられる、オンライン診療を利用するのがおすすめです。

オンライン診療とは、インターネット上で医師の診察とアフターピルの処方が受けられるサービスのこと。

産婦人科へ行かなくてもアフターピルが購入できるので、病院へ行くのに抵抗がある方にもおすすめです。

オンライン診療のポイント
  • 土日・深夜・年末年始もピル処方
  • 電話での診察やピル処方もOK
    • 診察は5分ほど
  • 当日予約OKで待ち時間もなし

※サービスにより営業時間は異なる

オンライン診療も産婦人科と同様に、きちんと問診をした上でアフターピルを処方してもらえます。

オンライン診療で診察を受けた後は、郵送でアフターピルが発送されます。

アフターピルは数時間〜2日ほどで、自宅のポストに届きますよ。

オンライン診療の使い方を見る

おすすめのサービス『メデリピル』を例に、オンライン診療の使い方を紹介します。

メデリピルは、産婦人科医が診察・アフターピルの処方を行っているサービスです。

公式サイトにアクセス
公式サイトにアクセス

まずは、メデリピルの公式サイトで、LINEアカウントの友だち追加を行います。

アフターピルを購入したい場合でも、「無料プランを初めてみる」から友だち追加を行います。

LINEから予約
LINEから予約

LINEを追加したら、オンライン診療を予約しましょう。

メデリピルでは、当日予約も受け付けています。

予約はスムーズで、当日に取れることがほとんどです。

個人情報・問診票の登録
個人情報・問診票の登録

メデリピルの公式LINEから、個人情報・問診票・決済方法の登録を済ませます。

診療形式・診察時間を選ぶ
診療形式・診察時間を選ぶ

メデリピルのオンライン診療は、診療形式(電話かビデオ通話)・診察時間を選べることが特徴です。

オンライン診療・決済

予約した時間になったら、医師から電話がかかってきます。

オンライン診療では、避妊に失敗した日時・服用している薬の有無・かかったことのある病気などを聞かれますよ。

また、処方を希望しているピルの種類の確認や、副作用・服用方法の説明を受けます。

診察の時間は、5〜10分ほどです。

発送通知メールを確認
発送通知メールを確認

アフターピルが発送されると、問診で登録したメールアドレスに通知が届きます。

ピルの到着
ピルの到着
実際に届いたピル

処方されたアフターピルは、中身がわからないような梱包で自宅のポストに届きます。

ピルの購入が家族にバレることはありませんよ。

\ アフターピル予約は公式サイトから /

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用に関するQ&A

アフターピル(緊急避妊薬)の副作用に関するQ&A

副作用が少ないアフターピルはどれ?

副作用が少ないピルは、ノルレボレボノルゲストレルです。

ノルレボやレボノルゲストレルは従来使われていた緊急避妊法「ヤッペ法」よりも、悪心(気持ち悪さや吐き気)や頭痛が起こる可能性が低いことが特徴のアフターピル。

日本での認可もあるため、初めてアフターピルを飲む方にもおすすめです。

副作用が出ない人もいる?なかった場合もアフターピルの効果はあるの?

アフターピルを服用しても、全く副作用がでない場合もあります。

副作用の現れ方には個人差があり、アフターピルを服用するまで、どのような症状が出るのかはわかりません。

なお、副作用がなくても緊急避妊の効果は期待できますよ。

アフターピルの副作用で生理がこないことはある?いつくる?

アフターピルの服用が原因で、生理が止まることはありません。

一方で、生理が遅れたり早まったりする可能性はあります。生理日がずれる期間目安は、1週間前後です。

エラ(アフターピル)の副作用はいつから出る?何時間後まで続く?

エラ(アフターピル)の副作用が現れるのは、アフターピル服用から3時間以降です。

気持ち悪さ・頭痛・腹痛などの副作用は、24時間以内に落ち着きますよ。

参考:EMC

アフターピルの副作用でニキビが増える・肌荒れすることはある?

アフターピルを服用してホルモンバランスが崩れると、ニキビができたり肌荒れしたりする可能性があります。

症状は一時的なものなので、肌の状態は時間とともに落ち着きますよ。

アフターピルの副作用で太ることはある?食欲が増すって本当?

アフターピルの副作用で、太ったり食欲が増したりすることはありません。

反対に、悪心(気持ち悪さや吐き気)により食欲がなくなる可能性はあります。

アフターピルの副作用で不妊になるリスクはある?

アフターピルが原因で、不妊になることはありません。

一方、避妊具を使わない性行為で感染する性病の一部は、不妊の原因となることがあります。

性病には適切な治療が必要であるため、気になる症状があれば検査を受けましょう。

性病検査は、オンライン診療でも受けられますよ。

副作用の吐き気は、アフターピル服用後いつまで続く?何日間も長引くことはある?

副作用の吐き気は、アフターピルの服用から24時間以内におさまります。

何日間も長引く場合は、アフターピル以外が原因で吐き気を催している可能性が高いです。

気持ち悪さや吐き気が続くときは、オンライン診療や産婦人科を受診し、医師に相談しましょう。

気持ち悪くて動けないときでも、オンライン診療なら相談しやすいですよ。

避妊失敗から5日後の服用でもアフターピルの効果はある?

避妊失敗から5日以上が経過すると、アフターピルの効果は得にくくなります。

避妊の成功率を上げるためにも、できるだけ早くアフターピルを服用しましょう。

制限時間に間に合わなかった場合には、産婦人科を受診し、医師に相談するのがおすすめです。

アフターピルを服用するデメリットは?

アフターピルを服用するデメリットは、生理の周期がずれやすいことです。

ピルを服用した後は、生理のタイミングが早まったり遅くなったりします。

いつ生理が来ても対応できるよう、ナプキンは持ち歩いておくのがおすすめです。

アフターピルの副作用が続く期間は1日程度!症状は薬での軽減も可能

アフターピルの副作用が続く期間は1日程度!症状は薬での軽減も可能

アフターピルの副作用は、1日ほどで治まることがほとんどです。

また、悪心(気持ち悪さや吐き気)や頭痛、腹痛などの副作用は薬で対処できます。

適切に対処すれば、副作用は決して怖いものではありませんよ。

オンライン診療では、アフターピルと一緒に、頭痛薬や吐き気止めの販売も行っています。

副作用が不安な方は、アフターピルと一緒に購入しておきましょう。

薬も買えるオンライン診療

オンライン診療吐き気止めアフターピル
メデリピル

公式サイト
10錠:1,000円
20錠:2,000円
30錠:3,000円
9,900円
エニピル

公式サイト
7錠:1,000円10,978円
※税込み/自由診療
目次